大型家具や家電、粗大ゴミを処分費用を安くする方法は?

洗濯機とか冷蔵庫、ベッドなどの大型家具は
引っ越し料金にかなり影響してきます。

どうしてかと言うと、
大きい家具が増えるとサイズの大きいトラックを用意するので
トラック使用代として基本料金が1ランク上になってしまうから。

引っ越し業者の料金は、

トラックのサイズ×使用時間

で大部分が決まるので、長距離の引っ越しになればなるほど、
大型家具は減らしたほうがいい、ということがいえます。

高い料金を払って輸送するくらいなら、
引っ越し先で買い換えた方がずっと安くなることもあるので、
どうしても新居に持っていきたいもの以外は、
思い切って処分するのもアリですね。

高額になる可能性のある大型家具

エアコン

サイズ自体はそれほど大型のエアコンでなくても、
取り外し工事費と取り付け工事費がかかって、
それだけで数万円の料金が発生します。

全部、自分で工事できるという人以外は、
買い換えた方が安上がりなケースがほとんど。
新居にエアコンが付いていない場合は注意しましょう。

窓から搬出する必要があるもの

キングサイズのベッドとかピアノなど、
それ以外にも玄関から搬出できないのでクレーンを使うような大型家具は
クレーン使用費と作業代でかなりのオプション料金がかかります。

簡単に買い換えられないものも多いと思いますが、
料金が高額になる可能性があることは覚悟しておきましょう。

新居で使えるかどうかも要チェック

大型家具や、洗濯機みたいに設置場所が決まっているものは
新居に持っていったのはいいけど使えなかった、という場合も!

  • 新居の玄関や通路が狭くて、搬入できなかった
  • スペースが足りなくて置けなかった

みたいなアクシデントは結構多いです。

新居の下見をするときは、大型家具の設置状況を忘れないでチェック!

一括見積もりサイトランキング

引越し達人

15年以上前からサービスを続けている老舗のサイトが引越し達人です。

引っ越し業者の料金比較以外にも、サービスや利用した人の口コミも紹介されているので、自分の引っ越しにあう業者選びができるでしょう。

非常に豊富な実績があるので、トラブルを起こすような悪質業者につかまる心配はなく、 安心して使える見積もりサイトです。

最近は独自特典を強化しているので、時期によってかなりお得になることがあります。

どれを使うか迷っている人は、 まずは引越し達人を使ってみるのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し

CMでもお馴染みのHOME'Sが運営していた引越し見積もりサイト
「HOME'S引越し」がリニューアルされて「LIFULL引越し」となりました。

他のサイトと比べて、安い引越し業者が見つけやすいのが特徴で、 LIFULL引越しだけのオリジナル特典などもあるので、 見積もりサイトの中では人気のサイトのひとつです。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドも古くからある老舗サービスのひとつです。

提携業者数が多いのが特徴で、大手の引越し業者から地元の小規模業者まで、
手広く見積もりを比較できるのが特徴です。

公式サイトはこちら