電気(東京電力)、ガス(東京ガス)、水道の解約と開始方法

電気とガス、水道の契約変更は、
引っ越しの時に最優先でやっておきたい手続きです。

これを忘れると、すでに退去して使っていないのに請求が来たり、
新居でガスや水道が開栓できなくて使えない!みたいなトラブルになります。
それぞれ、連絡の期限とか開栓手続きが違うので、間違わないように。

連絡は基本的に電話でOKですが、
インターネットでもほとんどのところが受け付けています。

連絡するときは「顧客番号」「お客様番号」を用意

電気やガス会社、水道局に連絡するときは、
料金の請求書に書いてある「お客様番号」「顧客番号」を伝えるとスムーズ。
電話をかける前に、請求書か領収書を手元に置いておきましょう。

電気の契約変更手続き

解約手続き(使用停止するとき)

連絡 :3日前まで
停止日:引っ越し当日

引っ越し前日とかに止めてしまうと、引っ越し当日に電気が使えなくて困ります。
必ず、引っ越し当日に指定してください。

契約手続き(使い始めるとき)

連絡 :不要
開始日:入居当日

電気はガスや水道と違って、使用開始前に連絡しなくても大丈夫。。
新居に入ってから分電盤を操作すれば、すぐ使えるようになります。

ブレーカー、漏電遮断機、配線用遮断機のスイッチを入れるだけですが、
むしろ引っ越し業者の人の方が詳しいと思うので、
分からなかったら業者さんにやってもらうといいです。

無事に電気が使えるようになったら、
新居に備え付けてある申込書に記入して郵送します。

水道の契約変更手続き

解約手続き(使用停止するとき)

連絡 :3日前まで
停止日:引っ越し当日

契約手続き(使い始めるとき)

連絡 :3日前まで
開始日:入居当日

作業員が開栓に来てくれるパターンと、
自分で元栓を開ければOKというパターンがあります。
電話連絡したときに聞いておきましょう。

ガスの契約変更手続き

解約手続き(使用停止するとき)

連絡 :1週間前まで
停止日:引っ越し当日

ガス局の場合、連絡は1週間前までに、というところが多いみたいです。
当日に作業員が閉栓作業に来てくれます。

契約手続き(使い始めるとき)

連絡 :1週間前まで
開始日:入居当日

ガスの開栓作業も作業員に来てもらう必要があるので、忘れずに連絡を。

よくある疑問

月の途中で解約すると、料金はどうなるの?

停止した日までの料金を日割りで計算します。

引っ越し先の電力会社(ガス会社、水道局)が同じときは?

開栓や閉栓の手続きは一緒ですが、解約ではなく移転手続きになるので、
それまでの引き落とし口座とかはそのまま使えます。

一括見積もりサイトランキング

引越し達人

15年以上前からサービスを続けている老舗のサイトが引越し達人です。

引っ越し業者の料金比較以外にも、サービスや利用した人の口コミも紹介されているので、自分の引っ越しにあう業者選びができるでしょう。

非常に豊富な実績があるので、トラブルを起こすような悪質業者につかまる心配はなく、 安心して使える見積もりサイトです。

最近は独自特典を強化しているので、時期によってかなりお得になることがあります。

どれを使うか迷っている人は、 まずは引越し達人を使ってみるのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し

CMでもお馴染みのHOME'Sが運営していた引越し見積もりサイト
「HOME'S引越し」がリニューアルされて「LIFULL引越し」となりました。

他のサイトと比べて、安い引越し業者が見つけやすいのが特徴で、 LIFULL引越しだけのオリジナル特典などもあるので、 見積もりサイトの中では人気のサイトのひとつです。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドも古くからある老舗サービスのひとつです。

提携業者数が多いのが特徴で、大手の引越し業者から地元の小規模業者まで、
手広く見積もりを比較できるのが特徴です。

公式サイトはこちら